マンション購入の 重要ポイント④

マンション

地震対策

マンションの

耐震タイプは、現在大きく分けて3つあります。

耐震・制震・免震です

最初の耐震は地震対策の基本です

建物自体構造を強化する事

耐震構造は地震時に建物の強度で倒壊を防ぐことを目的にしています。

ガチガチに木材や鉄筋で固めるイメージでそれでしっかりドシンと、お相撲さんのように地震のエネルギーを受けとめます。だから大きな大地震が来たら被害出やすいです。お相撲さんでも車には勝てないようにです。

これが基本で後の2つは更にこれに

工夫を、施してあります

まずは制震

振動を吸収するダンパーにより振動を吸収し插れを抑える

ダンパーとは簡単に言えば車のタイヤのクッションみたいなもの。これによって地震のエネルギーを吸収するんですね

更に免震

建物と基礎部分の間に積層ゴム等を挟み込むことで、かなりの握れを軽減します。地震の揺れの反対にビル全体を動かし、または遅れさせてビルに地震エネルギーが伝わりにくくしているのです

更に、急な揺れに対してもっとも効果が高いのも特長です。

しかし、そうです、コストももっとも高い

メンテナンス、交換時のコストも問題

数億円がかるというデータもあります。

修繕積立全には含まれないこともあり得えます。

耐用年数は60年といわれているが、そこまでもつかは疑問ですね?

コストと安全どこまでも悩ましいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました