マンション購入の 重要ポイント⑦

マンション

間取り

あなたの理想の間取りは?

家族構成、ライフスタイルに、部屋数もしっかり考えた間取りのマンションを探しましょう。

しかし、こんな事を言うと身もふたもないですが、ヘンテコな間取りのお家はなかなか売れないので、建築業者もしっかりした設計をして、快適な間取りのマンションが多いのは事実。しっかり生活動線を考えられたマンションが多いです。

その上で、間取り2、3点 考え方について書きました。


外観の間取りと言えばやはり

角地はマンションでも人気

バルコニーが広く取れ、様々な用途に使用できますよね。

最近では、バルコニーは単なる物干しスペースではなく、ガーデニングを楽しんだり、テント置いて疑似アウトドアとして活用する人も

キャンプ、最近流行ってますからね。

特に、両側を壁に囲まれている部屋と違い

2面囲まれていないので

明るく風通しの良い部屋ができます

角はメリットが多いですけど

全ての人が選べる訳ではないので

中住戸(両側を壁に囲まれている部屋)

を選ぶ場合 、はバルコニーがどの方向に向いているか が注目されます

一般的に日本では日当たりのよい南向き住戸が好まれる傾向があります

昼間の滞在時間が長い部屋が明るく快適な南側

しかし、ものは考えようで

最近では、朝早くから活動する人は東向

洗濯物を遅い時間に干し始める人は西向

夫婦共働きで家には寝に帰る程度という人北向

北向きの部屋は陽が入らなくて暗いというイメージがありますが、直射日光が入らず1日を通して部屋の明るさが均一のため、読書や勉強、仕事をする部屋に適しているといわれています。

固定観念にとらわれず、柔軟に選択したいものです。


内部の間取りとしては

マンションは、通常 家具や家電を置く場所をある程度想定してスペースを取っています。

例えば

洗濯機置き場には蛇口と洗濯パン

冷蔵庫置場には冷蔵庫用のコンセントが設置されています。

そのほかのリビングセットやダイニングセット、テレビや本棚、ベッド、勉強机などについてはご自身で置けるかどうかチェックが大事です

引っ越してきて使っていた家具が入り切れないケースも多々見られます。


最後に間取り図によく使われている

アルファベット略語をいくつかご紹介。皆さんは何個知ってますか?

L リビングルーム(居間)

D ダイニングルーム(食事をするための部屋) K キッチン(台所)

DK ダイニング・キッチンが一体になった部屋 LDK リビング・ダイニング・キッチンが一体になった部屋 数字 そのほかの部屋の数(たとえば3ならほかに3部屋という意味)

CL クローゼット(収納スペース)

WIC ウォークインクローゼット(歩いて中に入れるほど 広いクローゼットスペース。同じ意味で、WCLと表記することも)

DEN 書斎のような趣味を楽しむためのプライベートな部屋のこと (読み方はデン)

N 納戸(収納用の部屋のこと)

S サービスルーム(主に建築基準法で居室に必要な採光の基準を満たしていない部屋に使われる。納戸と表現されることも多い。部屋は暗めで空調も設置できない可能性があるので注意が必要。)

ご参考に

コメント

タイトルとURLをコピーしました