ローン①

ローン

借りられるより返せる

物件探しを始める前後に

外せない決め事 予算

・金融機関から借りる借入

・自己資金(家を買うための貯金)

・親族からの援助金

の合計で成り立っていますね。

もちろん借金がない方が良いに決まっているが

不動産は高額なので

自己資金+援助だけで購入出来る人は希です。

ローンを、組まないと現実的に購入は無理

よく不動産物件の価格の80%分をローンで、つまり借金で

と情報誌にかいてますけど

これ鵜呑みにしては行けません。

ローン以外にも

生活費や税金、 購入諸費用(物件価格の5~8%)

健康状態、家の維持費、借入時の年齢

等々

全ての費用・事情を考慮しないといけない!資金を残しておく必要があるのです。

なのに、そんなことも考えず、だいたいの計算で購入者のなかにはローンを組む人も存在します。

よー~く考えると恐ろしいことなんです

この80%と言う数字

金融機関の思惑も多分に含まれると、私は思っています。

銀行はお金計算のプロなので、苦しめなのはわかっている。しかし、多く貸付しないと

利子で稼げない。だから80%だと!

銀行も商売ですから口では良いこと言うのです。

無理のない返済とは実はとっても複雑で難しいのです。


理想は

無理のない返済の少し下 の月々の支払い額かつ 何重もの安全装置

と、私は考えています

この場合の安全装置とは

収入を増やす努力+保険 です。しかし

収入が簡単に増やせないのが現実で、保険任せになるのですが

本当に、家を買うとは一大決心てすね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました