家賃より安いので

ローン

色々なトリックがありますので

今、支払われてるお家賃より安い月々返済

で新築戸建を!

という うたい文句でよく広告入ってますけど、これ本当にそんな単純なんでしょうか?

やはり、住宅ローンの支払額と家賃の単純比較は危険です

購入の場合は住宅ローンの支払額だけでなく、今後発生する税金やその他の費用も含めて総合的に考えなければなりません

先ず、土地や建物の 固定資産税ですが。

土地は建物がたっている限り1/3に軽減。(200平方メートルまでの建物の場合1/6)

建物は3年または5年(長期優良住宅)は、固定資産税の軽減措置で1/2になります(120平方メートルまでの部分)

軽減措置終了後は、だいたい年間で20~40万円ぐらい(色々な条件がからみあって額が決まります)

つまり、毎月16000円~33000円ぐらい必要になってきます。

毎月です。つまりローンに上乗せする金額です

場所によっては都市計画税なんてのもあります


また、家も物ですので

当然、だんだんと劣化してきますよね

一般的には10年単位でメンテナンスが必要だと言われます。

屋根、壁のメンテナンスが、特に劣化気になるところです、大きなお金も必要ですね。

これ借りて住んでると、直すのは大家さんとか管理会社ですよね

こう言うのを考えると、遥かに賃貸の家賃を越える計算になってきて

こんなはずしゃなかった❗

と頭をかきむしる人も!

不動産屋さんのトリックを見破る疑い。良い意味での疑いが大事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました