ローコスト住宅

一戸建て

家のみの価格1000万円台

近年注目「ローコスト住宅」とは

その名の通り「コストを抑えて建てられる住宅」のことです。

ローコスト住宅の最大のメリットは、なんと言っても名前の通りコストを抑えて建てられること。建物の価格は1,000万円台前半となるため、 住宅ローンも組みやすく、月々の返済額が少ないのでイコール気持ちにも余裕が生まれると言います。

どうやってコストを下げてるいるのか?

・プレカット木材(購入時点で一定規格のサイズにカット済みの木材)を使用する

・耐久性が基準ギリギリの部材を使用する

・部品や設備を大量一括購入する

・広告費や人件費をギリギリまで抑える

・設計段階において建物をシンプル間取り、水回りをまとめて配管を短くする

等々を行い安く仕上げます。

なので最低限の内部・外部・設備で、しかも

建物の個性はなくなりますし、強度や耐久性も何とかクリアーしている建物に成ります。

だからローコスト住宅はやめたほうが良いという単純な発想でなく、どこまでオプションを有料でプラスして設備とうをランクアップさせるのか

また逆に

こだわらない部分だけを安く押さえることをしっかり考えれば経済的な賢い選択であるのです。

上手く利用したいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました